教師養成センター

モンテッソーリ教育を実践している幼稚園、保育園といった現場の先生のみならず、モンテッソーリ教育へ関心のある他業種の方、また、自らの子育てに活用したいと考える保護者など、モンテッソーリ教育を学びたい全ての人に様々なスタイルの講座を提供しています。

国際資格取得コース(AMS/MACTE、2歳半〜6歳)

世界でも有数のモンテッソーリ教育機関であるAMS/MACTEの日本初の認定コースです。
American Montessori Society ( アメリカ・モンテッソーリ協会)と Montessori Accreditation Council for Teacher Education(モンテッソーリ教師教育認定評議 会)の資格を日本で取得できるコースです。

教師養成通信教育講座

仕事や育児で忙しい方にも学んでいただき易い通信教育の講座です。
年1回のスクーリングでは教具に触れ、実践的な内容を中心に学びます。

0歳〜3歳コース

人生の基盤となる大切な時期について、その発達と整えるべき環境を学ぶ
モンテッソーリ教育の考えと現代科学で証明された事実に基づき、乳幼児教育の実践に必要な幅広い視野を養います。

2歳半〜6歳コース

意識が芽生えはじめる2歳半~6歳について、子どもの発達と大人の役割について学ぶ
物的環境としての用具、教具類の数も多くなり、使い方をやってみせる 「提示」も複雑になるため、実践講義の比重が高くなります。文化教育の実践が体系的に紹介されることも当コースの特徴です。

入門講座

モンテッソーリ教育の理論を動画で学ぶ講座
動画で手軽にモンテッソーリ教育の基本が学べます。動画は3か月間、お好きな時間に何度でも視聴可能です。

実践研修室

モンテッソーリ教育を具体的に学べる対面講座
モンテッソーリ教育の教具の使い方を中心に実践的な内容を学べる講座です。

当財団の研究員

松浦 公紀
櫻井 美砂
本宮 陽介
佐藤 晴美
炭川 純代
松尾 博也
井出 麻里子
大浅田 敬子
杉本 翔平
寺島 尚太郎

教師養成センター長挨拶

日本モンテッソーリ教育綜合研究所 教師養成センター長 松浦 公紀

 モンテッソーリ教育が創始者であるイタリア人女性医師マリア・モンテッソーリによって誕生したのは1907年1月のことです。今から1世紀以上も前のことです。1世紀以上の時間を超えてモンテッソーリ教育は全世界で今でも普及し続けています。これは、モンテッソーリ教育には「子どもの育ちに大きく貢献する何か」があるからです。

 マリア・モンテッソーリは観念的にあるべき教育を構築したのではなく、「子どもの観察」を通して子どもから様々な事実を学び、それを紡ぎ合わせてモンテッソーリ教育を構築しました。つまり、モンテッソーリ教育の出発点は子どもにあります。「子どもから学ぶ」がモンテッソーリ教育のモットーです。大人がよかれと思うことを子どもに教えるという方法ではなく、子どもを主体として、子どもが自らの力で育つための環境を重視した教育です。

 大きく社会が変わる現代。教育も社会の一つの要素として大きく変わってきています。マリア・モンテッソーリが1世紀以上も前に訴えたことが、科学の進歩により、社会が変わってくるにつれて「正しいこと」であることが証明されてきました。モンテッソーリ教育という固有名詞の冠が付かなくても、確実にこれからの教育は必然的にモンテッソーリ的になっていきます。

 そのモンテッソーリ教育を幅広い視点で、科学的に、理論だけでなく実践をも含めてお伝えする機関が日本モンテッソーリ教育綜合研究所です。日本モンテッソーリ教育綜合研究所の主たる目的はモンテッソーリ教育の普及です。そして、モンテッソーリ教育が普及していくためには実践力を持った教師の存在が欠かせません。その教師養成の場が日本モンテッソーリ教育綜合研究所教師養成センターです。

 みなさんの立場は一人ひとり異なります。教師を職業としている方、母親の方、まったく異なる業種ではあるけれども教育に興味がある方、時間に余裕がある方、なかなか時間が取れない方、様々です。

 それぞれの違いにお応えできるようにいくつもの学びの場をご準備しています。私達はどなたにも大きく門戸を広く空けてお待ちしています。

 ご一緒に「子どもの育ちに大きく貢献する何か」を見つけてみませんか。

 モンテッソーリ教育をご縁に一人でも多くの方との絆が結ばれることを心より願っております。

日本モンテッソーリ教育綜合研究所 教師養成センター長

松浦 公紀

360°VR子どもの家

モンテッソーリ教育実践園の一例として、環境をご覧いただけます。
子どもたちが使っているモンテッソーリ教具の簡単な解説等もあります。